このサイトについて

PBLで私たち教員は、学習者の心に灯を点け、学習者の学びに伴走し、学習者が自力で歩き始めたら姿を消すコーチの役割です。

優秀なコーチや監督の下で哲学や理論を学び、苦しい実践的な練習試合を十分にこなしたスポーツ選手が、自信を胸にワクワクと大きな試合に向かうように、学習者が意気揚々と私たちのもとを巣立っていくことが、PBLのゴールだと考えます。

このサイトでは、魅力あるPBLの特長を、実践する一人ひとりが最大限に引き出せるようになることを目指します。

もっと知りたいPBL実践ノウハウ
バナー1

イノベーションの実現には,社会ニーズをとらえ解決策のコンセプトやプロトタイプ等を生み出す過程,それを社会に実装してステークホルダーと議論しながら新しい提案を拡大・定着させる過程を経る.こうした「社会実装」のプロセスに学ぶ実践的教育であり,社会づくりへ希望と誇りを責任をもって取り組むイノベーション人材を育成することを目的とする.

バナー2

安心・安全を基盤とするアウトカム型ものづくりや社会提案の基本となる「安全配慮姿勢」「安全創出意欲」「リスク管理能力」を育成することを目的とする。社会連携型アクティブ・ラーニングの過程に組み込むことができる,安全チェック手法,安全創出手法および事故抑制検討手法等を統合した,イノベーション力育成と不可分な実践的安全教育プログラム.

バナー3

教師は,学生の心に灯を点け学生の学びのペースに伴走し,学生が自力で歩き始めたら姿を消すコーチのような役割を担う.優秀な指導者の下で理論を学び厳しい実践練習を十分に積んだアスリートが自信をもってワクワクと試合に向かうように,彼らが自身の可能性を見出し自立して学ぶ人となり,意気揚々と社会に巣立って行く支援者に徹することが重要である.